Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenkobiyo.blog100.fc2.com/tb.php/72-db967d53

-件のトラックバック

[T50] コントラスト比が50,000:1のワイド液晶発祥

この液晶ディスプレイはすごいですね。 50,000:1ですよ。 白はより白く、黒はよりはっきりと液晶画面に出るということですね。 マルチメディア向けの再生に良さそう。 値段はいくらになるのでしょうか。この液晶ディスプレイ。 (Impress Watchより) Acer、コントラスト比...

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

PC使用時の疲れ目対策、その具体例は?

前回に引き続き、PCのディスプレイを使用したときの疲れ目と、その対策についての話題です。
「ITMedia」中の「+D PC USER」内の記事を抜粋しています。

まず前回はコンピュータディスプレイなどの表示機器(VDT)を使用した作業を長時間続けることで、目や心身に疲労・ストレスを感じるVDT症候群が近年増えていること、またその対策として適切な輝度での使用や、ディスプレイの位置設定や作業姿勢、休止時間が重要になることを書きました。

今回はより詳しく、目が疲れにくい液晶ディスプレイの使い方を見ていくことにしましょう。

ディスプレイメーカーのナナオが開催した、報道関係者向けの液晶ディスプレイの技術セミナー内で、ナナオのマーケティング部 商品技術課 商品管理係の上田陽一氏が「今すぐできる!疲れ目対策講座」と題して、VDT指導に沿った目が疲れにくい液晶ディスプレイの使い方を実演しています。
上田氏はVDT作業従事者に対して労働衛生教育を指導できる「VDT作業労働衛生教育インストラクター」でもあります。

上田氏によれば液晶ディスプレイの使い方を変えることでできる疲れ目対策は、
(1)「適切なディスプレイの配置と調整」
(2)「正しい姿勢」
(3)「定期的なVDT作業の休止」
この3つに大別できるとのことです。

ディスプレイの配置については、「まず、外光が映り込まないように画面の向きを変えたり、画面の上端が目の位置よりやや下になるように高さをセットしたうえで、画面の輝度を外光に応じて紙に近い明るさに調節する。そして、視点移動を抑えるためにディスプレイと目の距離は最低でも40センチ、画面が横に長いワイド液晶では50センチ以上とることが目に負担をかけない使い方だ」と上田氏は述べています。

輝度については、一般的なオフィス環境は照度が500~1000ルクス程度あり、「ディスプレイの輝度は100~150カンデラ/平方メートルに設定するのが適切」とのことです。
では、昼間と夜で部屋の明るさが変わるような環境ではどうすればいいかといいますと、上田氏は再調整は面倒なので、「BrightRegulatorを備えたEIZOの液晶ディスプレイであれば、VDT作業で最適な輝度に自動調整してくれる」と同社製品の優位性をアピールしています。

続いて、VDT作業時に座るときの姿勢ですが、上田氏によると「イスに深く腰をかけて背もたれに十分背をあて、背を伸ばし、座面の先端とヒザの裏にすき間があり、靴底の全体が床に接した状態が基本」とのこと。
ただし「同じ姿勢を長時間続けると筋肉が緊張して負担がかかるため、ときどき腰や足の位置を変えて無理のない姿勢を保つのがいい」と付け加えられています。

また、厚生労働省のVDTガイドラインに示された1時間の連続作業の間に10分程度の休止時間を入れることが難しい場合、「1時間に1回程度、PCを使用しないほかの仕事をうまく組み込むなど、目を休めつつ作業効率を高めるような工夫も必要」と述べられています。

これらの対策はいずれも基本的なことですが、その基本を続けることが、目の健康に、そして作業効率アップに効果的と言えるのではないでしょうか。

ナナオではVDT症候群への対策として
(1)自動輝度調整機能
(2)可動範囲の大きなスタンド
(3)一定時間ごとに休止時間の目安やディスプレイの使用時間を通知するソフト

を搭載した液晶ディスプレイを発売しているそうです。

ナナオの液晶ディスプレイ、「Flexscan」


液晶ディスプレイを上手に使って日々仕事したいものですね。

眼精疲労対策に!
  
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenkobiyo.blog100.fc2.com/tb.php/72-db967d53

1件のトラックバック

[T50] コントラスト比が50,000:1のワイド液晶発祥

この液晶ディスプレイはすごいですね。 50,000:1ですよ。 白はより白く、黒はよりはっきりと液晶画面に出るということですね。 マルチメディア向けの再生に良さそう。 値段はいくらになるのでしょうか。この液晶ディスプレイ。 (Impress Watchより) Acer、コントラスト比...

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

カミガタ

Author:カミガタ
ありがとうございます。こちらは美容・健康・ダイエットの話題を書いたBlogです

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。