Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenkobiyo.blog100.fc2.com/tb.php/117-1dc24ff8

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

韓国発「オラクル美容皮膚科」日本初上陸。レーザー治療法「シークレット」とは?

マイナビに、アジア最大級のクリニック数を誇る「オラクル美容皮膚科」が日本1号店となる「東京新宿院」が東京都・西新宿にオープンし、話題のレーザー治療を受けたという記事が掲載されました。
どんな記事なのでしょうか。(記事の内容はこちら

記事によると、今回日本初上陸を果たしたオラクル美容皮膚科は、2004年に韓国で誕生した美容皮膚科。2016年4月現在では、韓国を拠点として、中国、台湾、フィリピン、タイ、ベトナムといったアジア各国でクリニックを展開しているそうです。同院のイメージキャラクターを務める歌手のGACKTさんが「おでんを食べながら女性をバッグハグする」WebCMも公開されているそうです。

場所は、東京メトロ丸ノ内線・西新宿駅に直結する新宿アイランドタワーの3階。グリーンとホワイト、ブラウンを基調にした明るい入り口が目印。中に入ると、木目調のインテリアが配置、クリニックの待合室というよりも、おしゃれなカフェテリアのようで、緊張感よりリラックスできる雰囲気と筆者は書いております。

まずカウンセリングシートに、病歴や現在の体調のほか、気になる症状を記入。カウンセリングでは、高橋栄里院長がカウンセリングシートに目を通していきます。「当院は、弱めのものから強めのものまで、たくさんのメニューがあります。その方のお悩みに合わせて、オーダーメイドのように組み合わせて行うことが可能です」と高橋院長。

この時の筆者は風邪と花粉症のダブルパンチ、高橋院長は「春は肌が荒れやすいシーズンで、肌の調子が悪くなって来院される方が多いんです」とのこと。「肌の新陳代謝が悪くなることで、皮脂の分泌も乱れて毛穴が詰まります。そして、空気に触れて酸化すると、毛穴が黒ずんだり、にきび菌が繁殖したりと、悪循環を起こしてしまいます」と、春の肌荒れのメカニズムを解説。
そして、「毛穴をすっきりさせて新陳代謝を整える治療がいい」ということで、同院オリジナルのレーザー治療「シークレット」がオススメされました。

シークレットは、微細な針(フラクショナルマイクロニードル)を肌の表皮を破壊することなく細かく打っていき、針の先端から出される高周波を肌の深部(真皮層)まで届けるという治療法だそうです。「真皮層のコラーゲンを生成する細胞に働きかけることで、ダメージを修復しようという作用が起こり、肌にハリや弾力をもたらし、毛穴の引き締めにも効果的です。にきび跡の治りも早くなります」とのこと。

続いて、記者が「シークレット」を初体験します。

準備の麻酔クリームを塗り、施術室へ。

ベッドにあお向けになると、高橋院長が機器を手にし、レーザー照射。
記者の感想だと、「ショットごとに針が刺さるような感覚はあるのだが、麻酔がきいているおかげで痛みは感じない。ただ、おでこなどお肉がない箇所は若干の刺激が走る」とのこと。
筆者が高橋院長にを聞くと、「シークレットに関しては、痛みが我慢できなくて施術を断念する方はいませんね」とのこと。

頬やおでこなどの顔の広い部分から、鼻下、あご、目元といった狭い部分まで、スピーディーに打っていくのが凄いそうです。目元ギリギリまで打てるので、小ジワが気になる目元や口元にも効果が期待できるのだろう、と筆者は書いています。

15分ほど経過し、「初回はこれぐらいにしておきましょうか」と高橋院長。ちなみに、肌状態やその時の反応などによって、ショット数は異なるといいます。

美容施術には「ダウンタイム」といって、施術後から回復まで時間がかかる場合があります。
シークレットはどの程度かと記者が、恐る恐る鏡をのぞき込むと、全体的に赤いというよりも、赤いハンコのような跡が何個も! よく見ると針の跡が点々になっている。今まで目にしたことのない赤みを前に、この記事の筆者は「えー! すごいですね!? 」と連呼されてました。

レーザー治療のあとは、同院ならではのメディカルエステです。治療だけで終わってしまう美容クリニックも多い中、同院では「鎮静管理」と呼ばれる施術後のケアを行い、レーザー治療の負担を軽減します。韓国では、同施術だけを定期的に受ける人も多いといいます。

鎮静管理では、「クライオセル」(冷却式イオン導入器)を用いて、鎮静・保水効果が期待できるデコンゲルを肌に浸透させることで、レーザー後の刺激を受けた肌を鎮静化させます。皮膚に接触する面はマイナス10度! 冷却しながらイオン導入を行うことによって、浸透率もアップするそうです。最初は冷たさに驚くが、あたたかいベッドに入りながらの施術のため、徐々に慣れて心地よくなっていくと筆者。

イオン導入のあとは「LEDライト」。ライトによって効果が異なりますが筆者が受けたのは黄色のLEDで、美白効果が期待できるとのこと。
そして、最後の仕上げとして行う「モデリングマスク」。ゴムのような感触のパックで、鼻以外の顔全体を覆っていきます。パックには肌の再生を促す美容成分が含まれ、肌の吸収力が高まっている状態に施すことで効率を高めるといいます。

15分ほど放置したあと、パックを取り外して終了。すべての工程を終えると、筆者は赤みが落ち着くのが早く、ハンコのような跡もほとんど消えてしまったそうです。もし治まらない場合でも、マスクを用意され隠してくれるそうです。

気になる施術後の効果については筆者は、「終わった直後に頬がふっくらとなり、眉間とおでこの表情ジワがいつもは伸ばした状態でも指で触るとシワがわかるのが、薄まった気がした」とのこと。

高橋院長は、「1カ月おきに5~10回の施術が理想的」と語る。というのも、美容施術全般に言えることとして、1回でも肌コンディションの底上げにはなるが、続けないと効果は戻ってしまうからだといいます。鎮静管理だけでも定期的に行うのがおすすめとのこと。

施術前にシークレットはリピーターも多い治療だと記者は聞いていたそうです、記者は受けてみて納得で、施術直後より、2~3日後の「なんか肌の調子がいい。あっ、もしかして……? 」という、あとからくる実感があるそう。筆者も治療後1週間ぐらいで、肌のごわつきやにきび、乾燥が徐々に気にならなくなり、悩んでいた肌荒れがだいぶ回復したそうです。

顔全体・1回の料金は、シークレットが12万円、鎮静管理まで含めると12万8,000円(いずれも税込)。これを高いと思うかアリだと思うか……と筆者は書いていましたが、私も1ヶ月おきに受ける治療なので同感です。所得を考えるとかなりの出費ではありますね…。

筆者は今まで「美容皮膚科は敷居が高い」と思っていたのが、実際に試してみると意外と気軽にできることがわかったそうです。
結びとして筆者は、「どんな女性でも、年齢を重ねていくうちにセルフケアだけではもの足りなくなる日がきっとやってくる。気になる肌悩みを抱えている人は、個人個人の悩みに合った治療を提案してくれる同院で、まずはカウンセリングから受けてみてはいかがだろうか」と書いております。

多分技術的な敷居は低くなったと思うので、あとはこの値段と終わった後の持続(もちろん生活の仕方などで個人差はあるでしょうが)ですね。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kenkobiyo.blog100.fc2.com/tb.php/117-1dc24ff8

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

カミガタ

Author:カミガタ
ありがとうございます。こちらは美容・健康・ダイエットの話題を書いたBlogです

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。