Entries

スポンサーサイト

遺伝子組み換えで「ガンに効くビールができる?」

遺伝子組み換えですか…。問題はないという声もありますし、遺伝子組み換えされた食品が世の中にあふれている現代ですが、自分自身はそっちの方の心配をしてしまいそうですね。もちろんビール党には嬉しいニュースなのでしょうが。ビールと健康といえばコレ!エビオス錠ですよね(ITmediaより)米大学生、「ガンに効くビール」作りに挑む米ライス大学の学生が、遺伝子工学を用いてガン予防効果のあるレスベラトロールを含むビールを...

コーヒーが合う人、合わない人。正しい飲み方も紹介

10/21付の日刊ゲンダイより、コーヒーと体との相性がいい人、悪い人の見分け方や、正しいコーヒーの飲み方が記載されています。その記事から抜粋します。・日本では、コーヒーは1951年までコーヒー豆が実るコーヒーノキを正式な薬用植物として記載、つまり「薬」だった。・現在もコーヒーの有効成分であるカフェインが日本薬局方に登録され、コーヒーに薬効がないというわけではない。・最近はコーヒーに含まれる「カフェイン...

お年寄りのための転倒予防7か条

転倒予防7か条10月10日は「テン・トウ」で転倒予防の日。東京スポーツ10/4付で、転倒事故を未然に防ぐための知恵、転びにくい体作りの7か条を転倒予防医学研究会世話人代表、東京大学大学院の武藤芳照教授が伝授してます。[1]歳々年々人同じからず身長、体重、脚力などが落ちている事をあまり認識せず、過信しがち。自分の姿形が年を取るにつれ変わっていると自覚すること。[2]転倒は結果である一度転んだ経験があると再び転倒...

歯周病と糖尿病とは因果関係アリ

10/04付東京スポーツで、カイチュウ博士こと東京医科歯科大学名誉教授藤田紘一郎さんが、歯周病と糖尿病とに因果関係があることが、最近医学と歯学の分野で注目されているとの記事が掲載されていました。歯周病になって、原因菌と白血球との戦いが行われている時に、白血球からサイトカインの一種「TNF-α」が出てきます。これが血液中のインスリンの作用を阻害し、糖尿病を重症化させるというのです。歯周病を治療することで、...

有効に脂肪を燃焼させる歩き方がある!

9/21付東京スポーツより。歩き方で有効に脂肪を燃焼させる方法について。日本体育協会公認スポーツ医の平塚共済病院整形外科の三木英之部長はこうコメントしていますl「脂肪を燃焼するには、歩行やジョギング、水泳などの有酸素運動を行うことで強化される『遅筋』という筋肉が役立ちます。持久力を伴う運動をすれば、遅筋は増えますが、運動不足の人が急に行うと体のトラブルに見舞われがちです。日常生活の中で歩き方を工夫する...

Appendix

プロフィール

カミガタ

Author:カミガタ
ありがとうございます。こちらは美容・健康・ダイエットの話題を書いたBlogです

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。