Entries

スポンサーサイト

生きたガン細胞だけ光らせる技術でガン対策はもっと楽になる!

怖いガンもこの技術を使えば、簡単に早期発見できそうです。また手術のときに使えば取りこぼしがなくなり、医師の方も短時間で、確実な手術ができそうですね。地味ではありますが、画期的な研究結果だと思います。がんを早期発見する本です (産経新聞より)生きたがん細胞だけ光らせる 微小でも判別可能に生きたがん細胞だけを光らせる検査分子を、東大大学院薬学系研究科の浦野泰照准教授らが開発した。小さながんの診断や摘出...

ガンを後支えするタンパク質があった!

これは期待できそうな発見ですね。たんぱく質はいいものもあれば、悪いものもある。抗がん剤の開発につながればと思います。 (毎日新聞より)<がん>誘発するたんぱく質を特定 九大グループ九州大生体防御医学研究所の中山敬一教授(細胞生物学)のグループが、がんを抑制する遺伝子「p53」の働きを妨げるたんぱく質を特定した。このたんぱく質はがんを誘発する機能があり、増殖すると、がんを発症しやすくなると考えられて...

遺伝子組み換えで「ガンに効くビールができる?」

遺伝子組み換えですか…。問題はないという声もありますし、遺伝子組み換えされた食品が世の中にあふれている現代ですが、自分自身はそっちの方の心配をしてしまいそうですね。もちろんビール党には嬉しいニュースなのでしょうが。ビールと健康といえばコレ!エビオス錠ですよね(ITmediaより)米大学生、「ガンに効くビール」作りに挑む米ライス大学の学生が、遺伝子工学を用いてガン予防効果のあるレスベラトロールを含むビールを...

食道ガンを防ぐキャベツや大根(イソチオシアネート)

食道ガンの予防には、「イソチオシアネート」を取ることが大事。それが含まれているのがキャベツや大根ということですね。野菜と果物は健康に寄与するということですね。<Wikipediaより抜粋>アリルイソチオシアネートは、ワサビ、カラシ、大根などアブラナ科の植物に含まれる辛味成分である。カラシ油から得られる精油成分であり、これ自体を「カラシ油」と呼ぶこともある。適量の摂取は、抗癌作用、抗菌作用などの効果を示すが...

がんの転移にミトコンドリアが関係していた!

コレは大きな発見だと思います。うまく行けば、厄介ながんの転移が防げるかもしれません。新薬の登場が待たれます。(毎日新聞より)<ミトコンドリア>遺伝子変異でがん転移を誘発生命維持に必要なエネルギーを合成している細胞内の小器官「ミトコンドリア」の遺伝子が変異すると、がん細胞が転移しやすくなることを、筑波大や島根大、千葉県がんセンターのグループが突き止めた。がん転移を抑制する治療薬の開発などにつながるとい...

Appendix

プロフィール

カミガタ

Author:カミガタ
ありがとうございます。こちらは美容・健康・ダイエットの話題を書いたBlogです

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。